エンジニア大注目のRubyを徹底解明!
Show MenuHide Menu

Tag: エンジニア

rubyエンジニアとして活動するメリット

02/05/2016

rubyというのは、日本人技術者が開発した比較的新しいコンピューター言語のことである。従来のコンピューター言語よりも直感的に命令が書けて、初心者にも習熟が楽だという点がメリットとして挙げられている。そのため、rubyエンジニアとして働いていくときにも、こうしたメリットは享受できるのだ。

新しいことを勉強するときにも、他の言語のような苦労をする必要がない。簡単に新技術が習得でき、今までできなかったこともできるようになる。今後登場する様々な仕事にも対応可能だ。しかもこの言語はシンプルなコードであることが売りの一つなので、作業効率が高くなる点も見逃せない。同じ作業をするにしても、他の言語使用者よりもスピードが出せるので有利だ。ストレスなくプログラミングをしていけるので、体力的に厳しいと感じるシーンも少なくなる。

エンジニア業は体力勝負だと言われているが、こうしたシンプルな言語を選べば、頭や体にかかる負担も軽減できるわけである。使用者が多い言語なので、参考にできるライブラリが多い点も魅力である。もちろん、求人案件の数が多いことも強みだ。この言語をある程度できるというだけで、仕事には困らなくなる。年収額は他の言語とさほど変わらないレベルなので、収入面でも不満を感じる必要がない。

コンピューター言語の中には古くなってあまり使われなくなるものも多いが、rubyなら今後十年程度は衰退する心配もないので精神的に楽である。
比較的に習得しやすい言語というだけではなく、需要が高まりつつある言語であるため、Rubyエンジニアで独立する夢も叶いやすいと言えるだろう。

フレームワークの活用が求められるruby

23/04/2016

rubyのスクリプト言語を習得しておくと、ネットサービス開発の現場で技術者として働ける可能性がある。しかしながら、スクリプト言語それだけで開発が完結するといった事は、なくなりつつある。開発の効率化のため、フレームワークによる開発手法を取り入れる現場が多くなった。

フレームワークでは、大きな枠組みがあらかじめ用意されている。フレームワークの上で、プログラマーは独自のコードを作成することになる。記述するコードの量を節約できるため、短時間で規模の大きな開発ができるメリットをもつ。
rubyにおいても、専門のフレームワークが存在し、開発において頻繁に用いられるようになってきた。そのためエンジニアにとって、スクリプトを使いこなせるのはもちろんのこと、フレームワークも活用しての開発スキルが必要な状況にある。

少なくとも、メジャーなフレームワークについては、自由に使える知識と経験を必要とする。また今後も、どのようなフレームワークが主流となるかは、未知数の部分が大きい。今後の変化に応じて、フレームワークによる開発手法は身につけておきたいものである。フレームワークが使いこなせるようになれると、これまでの開発における煩雑で面倒な作業が大幅に少なくなり、クリエイティブで快適に仕事ができる。

ネット業界の中でrubyがエンジニアたちから有望視されているのも、強力なワークフレームが使える要素が大きく影響している。ならば、それを使いこなすスキルを身につけるのは自然である。