エンジニア大注目のRubyを徹底解明!
Show MenuHide Menu

フレームワークの活用が求められるruby

rubyのスクリプト言語を習得しておくと、ネットサービス開発の現場で技術者として働ける可能性がある。しかしながら、スクリプト言語それだけで開発が完結するといった事は、なくなりつつある。開発の効率化のため、フレームワークによる開発手法を取り入れる現場が多くなった。

フレームワークでは、大きな枠組みがあらかじめ用意されている。フレームワークの上で、プログラマーは独自のコードを作成することになる。記述するコードの量を節約できるため、短時間で規模の大きな開発ができるメリットをもつ。
rubyにおいても、専門のフレームワークが存在し、開発において頻繁に用いられるようになってきた。そのためエンジニアにとって、スクリプトを使いこなせるのはもちろんのこと、フレームワークも活用しての開発スキルが必要な状況にある。

少なくとも、メジャーなフレームワークについては、自由に使える知識と経験を必要とする。また今後も、どのようなフレームワークが主流となるかは、未知数の部分が大きい。今後の変化に応じて、フレームワークによる開発手法は身につけておきたいものである。フレームワークが使いこなせるようになれると、これまでの開発における煩雑で面倒な作業が大幅に少なくなり、クリエイティブで快適に仕事ができる。

ネット業界の中でrubyがエンジニアたちから有望視されているのも、強力なワークフレームが使える要素が大きく影響している。ならば、それを使いこなすスキルを身につけるのは自然である。