エンジニア大注目のRubyを徹底解明!
Show MenuHide Menu

rubyエンジニアとして活動するメリット

rubyというのは、日本人技術者が開発した比較的新しいコンピューター言語のことである。従来のコンピューター言語よりも直感的に命令が書けて、初心者にも習熟が楽だという点がメリットとして挙げられている。そのため、rubyエンジニアとして働いていくときにも、こうしたメリットは享受できるのだ。

新しいことを勉強するときにも、他の言語のような苦労をする必要がない。簡単に新技術が習得でき、今までできなかったこともできるようになる。今後登場する様々な仕事にも対応可能だ。しかもこの言語はシンプルなコードであることが売りの一つなので、作業効率が高くなる点も見逃せない。同じ作業をするにしても、他の言語使用者よりもスピードが出せるので有利だ。ストレスなくプログラミングをしていけるので、体力的に厳しいと感じるシーンも少なくなる。

エンジニア業は体力勝負だと言われているが、こうしたシンプルな言語を選べば、頭や体にかかる負担も軽減できるわけである。使用者が多い言語なので、参考にできるライブラリが多い点も魅力である。もちろん、求人案件の数が多いことも強みだ。この言語をある程度できるというだけで、仕事には困らなくなる。年収額は他の言語とさほど変わらないレベルなので、収入面でも不満を感じる必要がない。

コンピューター言語の中には古くなってあまり使われなくなるものも多いが、rubyなら今後十年程度は衰退する心配もないので精神的に楽である。
比較的に習得しやすい言語というだけではなく、需要が高まりつつある言語であるため、Rubyエンジニアで独立する夢も叶いやすいと言えるだろう。